日本とニューヨークの色彩の違い

November 10, 2016

予想に反して大人用のBOXより子供用のBOXに人気が出ています。友人の出産祝いや誕生日プレゼントに使っているそうです。プレゼントにあれこれと悩む必要がなく、自分の趣味を押しつけることもないから便利なのでしょう。そこで、日本に帰国した際に「海外の子供服のほうがかわいい」という声をしばしば聞いたことを思い出しました。人気の秘密は服に有名なブランド名が付いていることも関係しているとは思いますが、色使いも大きく関係していると考えています。

車の色を例にとってみましょう。日本車は素晴らしい塗装がされています。おそらく細かく分析すると技術面では世界一でしょう。だけれども外国車の色に魅力を感じたことはないでしょうか?赤や緑でもなぜか日本車より深みを感じたりするものです。映画でも同様に外国映画と日本映画は色が違いますよね?日本映画は蛍光灯の色に慣れている日本人に違和感のない色や明るさで制作されているのです。

 

ニューヨークは蛍光灯はほとんどなく、基本は暖色の間接照明です。つまり、国や地域によって「心地良い」とされる色の彩度や輝度が微妙に違います。基本が違うからこそ、ニューヨークなどで創作される服の色などにも微妙な差が生まれているのでしょう。日本で見る海外製品がどこか違うように感じるのも光が関係しているのです。海外の建物の色も太陽光の強さが関係して・・・と言いだしたらキリがないのでこの辺で終わりにします。


最後に、実は細かすぎてあまり人には言っていないのですが、日本からニューヨークに観光で来ている日本人のかた!日本の服の白さで「あ、日本人だ」とわかっています!

 


(発送分のBOX紹介)
NY in BOX の子供用BOX $65 (生後3ヶ月用)

Ralph Lauren ラルフローレンの上下
OshKoshの靴下
Bath and Body Works社のサニタライザーと専用ストラップ
Original Gourmet社のチョコレートクッキー
etc.

 

 

Please reload

特集記事
最新記事

February 17, 2017

December 2, 2016

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索